凍死自殺で死ぬ方法 低体温自殺で死ぬ方法 雪山で凍死する方法 凍死で死にたい





 ☆雪山で、吹雪の中、雪に埋もれてしまった低体温自殺者の手
凍死自殺者の死体画像



 凍死自殺で死にたい、低体温自殺で死にたい人へ教える、凍死自殺関連の知識の情報です。これらをよく読んで、凍死自殺は絶対に回避してくださいね☆

 自殺志願者は、霊的知識を読んでくれ☆


凍死自殺と低体温自殺の方法について

 ☆雪山で低体温自殺した男
エベレストに残された、ある凍死自殺者・低体温自殺者の死体


 北海道の冬であれば低体温自殺なんて楽勝なのかな、札幌とか。

 凍死自殺する気のないホームレスは夜に寝ない。なぜなら、寝てしまうと凍死してしまうから。

 北海道のホームレスは日中に睡眠をして、夜に歩き続けるらしい。低体温で死にたくないから。

 関東地方であっても、人気のない山とか公園の、真冬なら可能かもしれない。

 事前に遺書を郵送するなどして誰かに伝わるようにしておけばok。

 深酒して雪山で寝込めばほぼ確実に死ねる。

 薄着(シャツ一枚程度)で、酒、ウイスキーなどを飲んで、川べりか道端に寝転ぶ。

 睡眠薬も飲んで死ぬのが一般的な凍死自殺の死に方。

 北海道行の格安ツアーなどを利用すると安上がりで死ねる。

 山の中に入ったら、見つからなさそうな場所にブルーシートを敷いて大量の酒と睡眠薬代わりのレスタミン飲んで寝るだけで死ねる。

 駅とかで凍死自殺希望者がウロウロしていたら、人に見られたら不審者扱いされて通報されてしまうかもしれないので注意する。

 私有地で死ぬと、遺族に損害賠償請求が行くから注意せよ。

 薬局で売っているのは睡眠薬ではなく、睡眠改善薬なので、効き目は少ない。

 雪山で睡眠薬と精神安定剤をODして寝れば苦痛なく死ねるのか?→多分、そう。

 低体温自殺でも、船から転落しても、海水温が十分低ければ、直ぐに死ねるらしい。

 海水温情報は、2月の奥尻島以北とか、オホーツク海、太平洋洋襟裳岬以東でなければ低くない。

 冬の海なら、低体温と共に、溺れ死んでしまうかもしれない。

 低体温自殺や凍死自殺が無理なら、最悪、山の中で首吊りするのも可能である。

 北海道なら、部屋の中でも凍死してしまう。

 室内で完全冷凍状態の凍死体でアパートから発見されたこともある。

 自宅のベランダに夜10時位から酒と睡眠薬飲んで寝転がっていたら凍えて死ねるのか?

 玄関や廊下で酔っ払った状態で凍死していたというニュースもある。

 体温が、意識混濁する30度以下にまでなるには、最短でも7時間はかかるらしい。

 しかし、酒を飲んで毛細血管を拡張させたり、濡れた服を着れば加速度的に体温は低下するであろう→翌朝凍えて死亡可能。

 冬山に行く数日前から食事を抜き、直前に大運動をして疲労困憊状態になってから睡眠薬と酒を飲み、湿った服を着て雪の上に寝転べば、最短で死ねる。

 脇下や股間とかの血管が表面に近い場所にある箇所を氷嚢等で冷やせば、一気に冷める。

 室内で凍死自殺を敢行する場合、送風機を使用すべき。

 関東でも、冬場ならば凍死自殺は可能かもしれない。

 あまりにも冷えると、猛烈な吐き気が襲う→吐き気が数時間も続く場合がある。

 吐き気止めや精神安定剤も効き目がない場合がある。

 無人の深夜の駅の待合室等で、極寒の場所ならば、そのまま眠ってしまえば死ねるかもしれない。

 夏場でも凍死自殺するには、業者用の冷凍庫に入るのもあり。

 雪が積もると、思った程、寒くはない。直接に土の地面の方が冷えるが、雪の上なら痛くならない。

 三時間以上経過すると、腹が猛烈に痛くなり、凍死自殺は中々できない。

 真冬の川に飛び込んで低体温自殺や凍死自殺するのもあり。

 真冬に窓を全開にして、室内で濡れたTシャツとパンツで扇風機に当たって死ぬのもあり。

 下見をしてから、雪山に行く方が無難。

 断食+アルコール+睡眠剤が、最高の凍死自殺する確率が高くなるやり方。

 しかし、雪山の中で、ガチガチ震えて猛烈な吐き気と喉の渇きでフラフラになるので、確実に凍死自殺するというのは無理であろう。

 雪山で死ぬまでジッとしているのは無理であろう。

 ガクガク震える状態を通り越すと、ガクガクしなくなる。

 手足が痛くて激痛になる。

 練炭を焚いて意識朦朧となって凍死自殺・低体温自殺という手法もあり。

 山での凍死は、アクセスとか装備品が、結構バカにならない金額になる。

 本気で死にたい人は、ロープウェーで頂上まで行き、登山道を下る→途中で道を逸れて一時間程谷へ向かう。

 適当な場所を選び、凍死自殺する。

 吹雪の中だと、実際の温度よりも寒く感じる。体感温度が著しく下がるらしい。

 極寒時に寝たら死ぬのは間違い。正常な肉体なら寝ないと死ぬ。

 死ぬ程にヤバくなったら目が覚めてしまう。だから素面だと、相当な根性がなければ耐えられない。

 豪雪地帯で、人が寝られるだけの雪洞を掘るのはコツがいる。

 素人が掘ると、天井が崩れる恐れ大。雪洞内で練炭を焚けば、部屋の体積が小さいから、直ぐに目がチカチカして気分が悪くなり、眠れない。

 練炭を焚くと、熱で天井から雪溶け水が落ちてきて大変。天井から滴り落ちる水で練炭が消えるかもしれない。

 アルコールと睡眠剤を一緒に飲んだら事故死扱いされるのか?

 自殺未遂は保険適用外→入院費+治療費も10割負担。

 酒に酔って路上で寝ていたら凍死してしまうかもしれない。

 綺麗な死体で死にたい場合なら、低体温自殺はお勧めかもしれない。

 低体温自殺方法は、楽に確実に死にたい人向けの自殺方法ではない。

 凍死自殺とは、死体を発見されたくない人向けの自殺方法でもある。

 標高が100m上がる毎に、気温は0.6度低下する。

 1000mで6度。3000mなら18度低下する。そして夜間は気温低下は1.5倍増しになる。

 いくら睡眠剤と酒を飲んでいても、体温が低下すれば、本能的に目覚めるもの。

 事前に数日間断食して体力を消耗させておいてからでなければ、昏睡状態での凍死自殺は無理。

 寒さに耐えられずに自力で下山するケースも多数あるらしい。

 昼だと発見されやすい→夜の山や河原で、たった一人で過ごさねばならない。

 寒さは我慢できない。震えが止まらなくなり、2~3時間耐えていたが、痙攣のようになって痛くなる。

 冷蔵庫に入って凍死自殺する方法もある。

 酔っ払って川に落ちて低体温自殺とか、道路脇で寝転んで凍死自殺する方法もある。

 扇風機やエアコンで凍死する方法もある→着てる服を濡らしておかないと無理。

 条件が整えば、氷点下でなくとも死ねるかもしれない。

 医療系サイトの情報には、凍死自殺で死ねる条件が掲載されている。



凍死の発生条件

 ☆外にいるだけで低体温自殺できそうな真冬の外国の風景
車の中で低体温自殺している最中の写真


 ●気温が低い ●風がある ●雪の上や濡れたベンチ等、耐熱を奪う物体の上にいる。

 ●体が濡れている ●疲労している ●泥酔している 等であり、これらの条件が揃えば、沖縄でも凍死する。


凍死のメカニズム

 ☆雪山で遭難して低体温で死んだ登山者の遺体
エベレストに残された低体温死した人の遺体


 体温が落ちる事で死ぬので、必ずしも、氷点下とか雪山に拘らなくてもよい。

 氷点下や雪山は体温の低下が速いだけで、凍死の絶対条件という訳ではない。

 気温10度であっても、水に濡れたり風が吹いたり、それ以上の体温低下作用がある。

 体温が下がると、身体は体温を上げようとする。その時、カロリーを消費して熱を作る。

 カロリーは熱を作るので、雪山遭難時では、カロリーの高い食事が必須。

 肥満の人は、体内に脂肪というカロリーを沢山所持しているので、痩せている人よりも、更に体温低下状態にならないと、低体温自殺・凍死自殺は無理である。

 筋肉質の人でも、筋肉による熱量がネックとなる。

 熱を奪われる量が熱を作る量を上回れば、必ず死ねる。

 エネルギーに変化するのが速い糖質を抜くのみであれ、熱作りの速度低下を図れる。

 アルコールの効用として身体機能を低下させる→体の熱作りの作用が鈍くなる。

 欠陥拡張作用により、一時的に暖かくなるが、その分、外気に熱が奪われるのも速い。

 アルコールや睡眠導入剤摂取時も同様に身体機能が低下する。

 最も怖い後遺症である細胞壊死は氷点下で起こる。

 最大の難関は、寒さそのものに耐えられるかどうか、求められる根性と決意、精神力が必須。

 極寒の海に飛び降りて海の中で低体温自殺するのもあり。

 普通の健康状態なら、寒い寒いと言いながらも、36時間以上は生き延びるらしい。

 水に浸かると、体温の放出が20倍らしい。

 失敗したら、手足切断もあるかもしれない。ドライアイスが目一杯入ったドラム缶の中に足を突っ込むとか。

 体温が低下すると、脳や胴体(内臓)を守る為に、本能的に手足への血流が停止する。

 その後、数時間して発見・救助された時は、真っ黒になった手足を切断することとなる。

 餓死寸前なら六時間で死ねる。健康体なら2~3日はかかる。

 それ以上早く死のうとすれば、耐え難い苦痛を伴う。

 凍死自殺の長所は、発見時の死体は綺麗なまま保存されていること。特に肌の色はそのまま。

 凍死のメリットは、電車に飛び込みするとかの大きな決断がなくても、ただその場にいるだけで死ねること。

 標高2000m以下の低地でもテント場で低体温症で朝、凍死した事例もある。

 凍死級の寒さは、寒すぎるので、寒いというよりも、痛いと感じるらしい。

 その痛みを緩和する為に、理想なのは麻酔をすること。しかし、入手困難なので、強力な向精神薬(最大量三か月分位)が必要。

 とにかく、直前に山中を歩き回って、体力を消耗させることが肝要。

 寒さによるダメージは、単純に手足の血行が悪くなる[霜焼け]と、頭や胴体を守る為に、本能で手足への血流を止める[凍傷]を一緒に語ってはいけない。

 霜焼けでも酷くなれば、凍傷と同じく細胞が壊死してしまうし、壊死して黒くなる。

 手足の痛みの後には、胴体の猛烈な寒さが到来する。

 低体温になれば、頭と胴体を守る為に、手足への血流を停止する本能がある。こうなれば、いくら保温しても、手足の細胞は壊死する→手足切断となる。

 濡れた衣服で風に吹かれれば、即座に低体温症となる。生き延びたければ、防寒着を着る事。

 登山観光目的ではないような服装で雪山に登れば、不審者と思われて、通報される恐れがある。

 しかし、山頂まで二時間程度の山であっても、凍死自殺目的で登山をすれば、即不審者と思われて通報される。

 デジカメやパンフレット等も持たずに、陽気な顔もせずに、死にたそうな顔で雪山に登山していれば、低体温自殺希望者だと気付かれる。

 バスやタクシーの運転手等からの通報も多い。

 夜に波止場から海に飛び込んでも、低体温自殺は可能。

 冬場のオホーツク海なら二秒で死ねるらしい。

 睡眠剤を120錠飲んで凍死自殺を敢行しても失敗した事例もあるらしい。

 凍死自殺は気温が何度以下になったら死ねるというものではない。自分の体温が25度以下にまで低下した場合に、死に直結するような重篤な低体温状態と判断される。

 凍死で死ぬ人は、死ぬ間際に発狂するらしい。

 大声で喚いたり、寒いのにもかかわらず体が熱く感じて衣服を脱ぎ捨てて、裸になったりするらしい。遭難後、凍死体で発見された人が裸で見つかるのはその為だ。

 体温を下げない為に、震える。運動させる事により、体温を上げる。

 体温が低くなりすぎると、脳が考える事を停止する→眠くなる。

 限界まで行くと、痛みも寒さも感じずに、気持ちよくなる→Bエンドルフィンの影響。

 心臓が動き出せば、血液が全身に流れて体温が上昇するので、全身の感覚が元に戻り、また苦しみが襲ってくる。

 東北、北海道の冬なら直ぐに凍死可能かもしれない。

 しかし、早期発見されなければ、野生動物に死体を食い荒らされるかもしれない。


なぜ、凍死自殺者には薄着の人が多いのか?

 人間は恒温動物(一定の体温を保つ動物)なので、凍死する程の極限に寒い環境にいれば、大量の熱が奪われ、体温が低くなる。

 一方で、大量の熱が奪われたことにより、人体は生きる為に防御反応が起きる。それは熱生産性を高めて、体を温めようとする働きである。具体的には血管が異常収縮し、更に筋肉が不必要に振動運動(寒い時ぶるぶる震えるのはこの為)し、熱を発しようとするのである。

 こうなってくると、体感的には異常な状態が起きる。体感温度が異常な程に暑くなってしまう、高熱、高温状態となる。

 例えば、凍傷に至るような極寒の環境下で体温が34度まで低下したとする。そして、身体は平熱の36.5度あたりまで上げようとして防御反応が起きる。すると、その差は2.5度になる。

 これは、実際の平熱36.5度の人が+2.5度、つまり体温が39度まで上昇してしまったように体感することになる。

 その為、凍死する者は、実際には極寒なのに、暑く感じる。なので、凍死者の殆どが服を脱ぎたくなり、凍死死体は薄着で発見されることが多い。



凍死自殺関連の写真・画像集

 これらの凍死自殺・低体温自殺関連の写真集をよく見て、絶対に凍死自殺は中止してくださいませ。

 ☆凍死自殺が可能な気象条件の様子
低体温自殺 凍死自殺

 ☆凍死自殺で死んだ人の死体
低体温自殺・凍死自殺方法

 ☆低体温症の重症度の説明図
低体温症の重症度の図

 ☆雪山で凍えているような動物の様子
凍死しそうなヤギらしき動物


 ☆低体温自殺、凍死自殺なんて、絶対にするなよ☆

 霊的知識を読め!